フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス 
  奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます 
 
     Instagram

ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


4月18日
ほぼ快晴,北風強い,最高気温20℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21℃,インリーフ浅場22℃


 今日もまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴルリバスズメダイなどとゲストさん




シュノーケリングガイド後インリーフで


季節モノ・ミナミイソハゼの求愛などの


繫殖関連行動を見る撮るしてきました。

 
 
 
求愛するミナミイソハゼ・同一個体2カット

左:♂,右:抱卵♀


この後♀は求愛に応えずに行ってしまいましたが


近くに他の♀や♂も複数匹いたので


ここでしばらく見ていると・・・
 
 
お!上画像の♂(右)に他の♂(左)が接近しケンカに!♪

 
 
やはりイソハゼ類は


求愛時よりもケンカ時の方が


発色マックスになりフォトジェニックだなあ~♪

 
 
そして


上のミナミイソハゼのすぐ近くで


シマギンポの求愛も少し見れました
(上画像は求愛していた♂)


シマギンポ求愛の最盛期は5月になってからですが


今年も順当に始まりました♪


4月17日
曇り一時雨夕方から晴れ,南風弱い午後から北風強い,最高気温23℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 
 
エダコモンサンゴルリスズメダイ

アオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


4月16日
曇り時々晴れ夕方一時雨,南風弱い,最高気温24℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
MHGマイホームグラウンドの略


季節モノのコジカイソハゼアカホシイソハゼの求愛などの


繁殖関連行動を見る撮るしに行ってきました。が・・・

 
 
アカホシイソハゼの求愛を1度見れただけで
(上画像は求愛していた♂)


コジカイソハゼは求愛もケンカも見れず。


これらのイソハゼの繁殖関連行動が


そろそろ最盛期のはずなんだけどなあ~。


またチェックしたいところ。




イソハゼ類の求愛チェックでMHGをウロウロしている際に


3本のムチカラマツと遭遇したので


2月以来久々に


ガラスハゼ「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4


どちらがついているかをチェック。


その結果・・
 
 
1本目のムチカラマツには「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4

 
 

2本目3本目のムチカラマツにはガラスハゼ


今日の結果と2月の結果を合わせると


ガラスハゼ1種-4=5:4


結構同じくらいの生息数になってきたなあ~。


今後もチェックしたいところ。



4月15日
曇り午後一時小雨,南風微弱,最高気温20℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾内エリアやや湾奥22℃


 今日はまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




シュノーケリングガイド後


MHGマイホームグラウンドの略をちょっと潜ってきました。


一昨日ログに書いたように


毎年孵化ウォッチ&撮影している


イロワケガラスハゼ・コロニーでは


孵化ウォッチ&撮影できそうなイロワケガラスハゼが今年はいないので


他を探してみると・・・
 
 
お~!


産卵床の位置が撮りやすそうなところにあり,


卵の数もまずまず多い


イロワケガラスハゼを発見!♪


卵の拡大
 
 
卵の状態などから孵化は5~7日後。

 
 
孵化の時もそんな感じに顔を


卵(孵化仔魚)に寄せてくれよ~,イロワケガラスハゼのお父さん!


4月14日
午前晴れ午後曇り一時小雨,北風やや強いのち強い,最高気温22℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃

 
春の季節モノ幼魚といえば


なんといってもアマミスズメダイ

 
 
全長1㎝前後のかわいい盛りが


例年通りそこかしこに見れてます。

 
 
一番上画像のアマミスズメダイ幼魚の近くに


キンギョハナダイの全長2㎝あるかないかの幼魚もいたので・・・

 
 
ちょっとコラボモドキも撮影 



2021年4月のログ

2021年3月~2020年4月のログ





お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2021 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.